智習のつぶやき部屋

目指せ漫画家!日々の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

落合さんはWBCの監督をしないし、しちゃダメ

「選手や監督は球団と契約している個人事業主であり、
 チームを優勝させるために全力を尽くすための
 契約を行っており、その契約が最優先される。」

これは、落合さんの著書「采配」で語られていることを、
僕なりに理解した結論であり、大変共感する部分でした。

落合さんといえば、中日監督時代のWBC監督辞退、
中日選手全員がWBC辞退の一件を
覚えていない野球ファンはいないと思います。

丁度、選手たちのコンディションを整えるための、春先。
ケガを抱えていることを、秘密にしながら調整するベテラン選手や
これからペナントで勝つための調整が必要な主力選手が、
WBCに参加して、精神的、肉体的に疲弊することは、契約の不履行になるだけでなく、
今後の選手生命に関わることだと思います。

落合さんは、そのことに著書で触れておりました。

そんな落合さんの著書を読んだのか?さらに、以前の監督要請も断ったのに、
NPBはよく、落合さんに話を持っていったなぁと思いました。


そのWBC問題。
色々議論があったようですが、僕個人としては、
「不参加を議論するには、時期が遅すぎた」
というのが念頭にありました。

アメリカが有利かつ、だけが儲かる形式には疑問が残るし、
そこが改善されないなら参加する義理はないと思いますが、
次期が遅すぎるため、これでは単に「逃げた」とファンにも世界にも
思わせるだけ。

ただでさえ、人気低迷が囁かれているのに、
それでは、滅びの時を待つだけとなる。

なので、今回は参加する以外に選択肢はなく、
もし条件の改善を、不参加を盾に訴えるなら、
今回で三連覇を成し遂げた直後、ほんとにその場で。

「日本が最強であることは証明した以上、もうアメリカのルールでの参加はしない。
 もし、我々を蔑ろにする条件に、改善がないなら次回以降、最強不在のWBCになるだろう。」

とかなんとか、とにかくスキャンダラスに発表し、インパクトを与えるのがいい。
そうすれば、今後WBCに参加しなくても、誰も文句は言わないだろう。

まあ、優勝しなければそれだけの話だ。
国一丸となって、応援する機会があるだけで、人気は少し回復するだろうから。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satoshu.blog45.fc2.com/tb.php/482-364c12c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

智習(さとしゅう)

Author:智習(さとしゅう)
漫画家目指して、日進月歩。
日々の活動を書いてます。

ブログから来た方は、ぜひ、
ホームページ本体も見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。