智習のつぶやき部屋

目指せ漫画家!日々の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

もうちょっと突っ込んだ感想

昨日、高校演劇を見てきたと書きましたが、
最終日だけしか見れなかったもののの、
特に印象に残った作品について、感想をもう
少し詳しく書きます。

【1】千葉県 専修大松戸高校
  タイトル:「みんなでロミオとジュリエット」
  浅田太郎と専松の愉快なひとたち 作

内容としては、演劇部もの。
主人公の男女は、ライバルの学校同士。
二人は、ロミオとジュリエットの演劇がきっかけで、恋に堕ちる。
そして、演劇でなぜ争わなければならないのか、楽しく演劇をするのが
いけないことなのか苦悩する。
そのうち、二人の関係は、部員にバレ、敵対する学校同士、
さらにいがみ合うことになるのだが・・・・。

ストーリーだけみると、案外ありがちなのですが、
とにかく、コミカルに出来ていて、ギャグの動きや笑わせ方は
素晴らしかった。なんとなく、漫画チックな作品でした。

午前中に見ていた、別の学校の作品では、高校生が笑うポイントと
自分の感覚がずれていたのですが、この作品に関しては、
自分も、学生と一緒に笑えたし、会場にも一体感があった。

さらに、舞台の仕掛けがおもしろかったのが、
他の学校が、背景やら小道具やらを用意しているのにたいし、
この学校は、階段と薄幕のみだったこと。

階段は組み換えでバリエーションがあり、それぞれの場面をうまく
演出している。

というか、他の学校が、一つの場所を舞台にしているのに対し、
めまぐるしく舞台を変えているのが、とても印象てきだった。

あと、音楽にも、バトルロワイヤルや、踊る大捜査線を使うなど、
いまどきって感じ。
オチも、とても高校生らしい、青春を感じ、全く悲壮感がない、
ストレスなく見れる作品でした。


【2】埼玉県 秩父農工科学高校 
  タイトル:「少年神社」
  コイケユタカ 作

内容は、少しホラー的な、世にも奇妙な物語的な話。

主人公は、ニートで大学をエスケープ中な青年。
主人公と幼なじみの、3人が、「14年後にまた会おう」と約束した、
不思議な少年に会うために集まるが、主人公ひとりは、
それを拒絶。
何故か携帯電話やGPSなどあらゆる通信機器が圏外になる
お社に引きこもってしまう。
そして、大禍刻・・・神社の言い伝えで、もっとも何かが起きる
時間がやってくる。


北関東大会最優秀賞をとっただけあり、完成度はピカイチ。
だいたい、どの学校も、一長一短があって、「あー滑舌がなぁ」と
思ったり、「あーシナリオがなぁ」と思ったりしたが、
この学校は、シナリオ、舞台セット、小道具、演技の完成度が高い。

自分が座っていた席の後ろで、他の学校の生徒が
「劇団に所属する人がいるなんてずるいよね」といっていたのも
うなずけた。

話に乗じて、きちんと笑わせるし、小道具が伏線になっていたりする。
また、特に主人公とその男友達の演技がうまい。

そして、この作品の印象として一番感じたのは、顧問の先生の
執念だろう。

実は、この作品、シナリオは顧問の先生。

内容を見ていると、自分は、ものすごく共感させられた。
てか、大学をエスケープしている主人公や、サラリーマンの幼なじみなど、
シンクロニシティするところが多すぎだ。

特に、主人公達が、現在に苦悩し、過去の子供の頃に語りかける所など。
自分も時折自問していたので、よくわかる。

それは、社会に出て、誰もが感じる苦悩。
子供の頃夢見たものと、現代のギャップ。

しかも、それを綺麗事で片付けないのが、すごくよかった。

そして、それは、同時にシナリオを書いた、先生自身に
あったことなんだろなぁ。と思った。

だからこそ、ここまで本意気の舞台になったのだろうなと思えた。

残念ながら、今回でメインの役だった4人は3年生なので、
全国大会などでは、同じメンツの劇は見れないだろうが、
この顧問の先生は、絶対修正してくると思うので、
機会があればみるとおもしろいと思う。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satoshu.blog45.fc2.com/tb.php/420-8620cf00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

智習(さとしゅう)

Author:智習(さとしゅう)
漫画家目指して、日進月歩。
日々の活動を書いてます。

ブログから来た方は、ぜひ、
ホームページ本体も見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。