智習のつぶやき部屋

目指せ漫画家!日々の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

オヌヌメの作品

アシスタントに一緒に入っていた人から、
お勧めの漫画を聞かれた。

なんでも、最近ルーチンになっていて、
新しい発見がないとのこと。

あんま深く考えたことがない議題だたので、ちょっと
思い返し、とりあえず、3つほど紹介した。
せっかくの機会なので、ここでも紹介しておこう。

■波打際のむろみさん(講談社/著:名島 啓二)
週間マガジンという、超ビッグ雑誌で連載されているというのに、
オイラの周りでは、すさまじいほど認知がない悲しい作品。

内容としては、釣り好きの少年と、人魚のむろみさんが
コント仕立ての駄話をする交流コメディ。

・・・が、基本路線ですが、連載が本流になると
伝説の聖獣にして、天然人魚のリバイアさんや、
雪山で暮らす、ロリ(ショタ?)キャラのイエティが出てくるなど、
カオスでシュールなギャグ漫画。

ページ数が短いことから、認知があまりされていないが、
好きな人は、めっちゃ好きだと思う。
アマゾンレビューでも、8件すべて5点満点(2010年6月1日現在)と
隠れた、モンスター作品。



■境界線のリンボ(芳文社/著:鳥取砂丘)
「けいおん!」や「GA」、「ゆゆ式」など、学園物ガールズトークが
主流の四コマ雑誌、まんがタイムきららにおいて、
異色を放つ作品。

内容は、かなり不幸な少女だった、フゥが主人公で、
故郷を飛び出し、ばったりとあった、魔法アイテムの店で
居候になり、イロイロと不思議体験をするファンタジー。

もう、獣耳あり、トカゲ人間あり、ロボットありなのだが、
それぞれの裏づけや、ストーリーがしっかりしすぎてて、
見ていて驚く。

たぶん、ほのぼのファンタジー好きなら、めっちゃ好き。

てか、コミティアで同人誌買ったことあるんだよなぁ。
サインもらっとけばよかった。と言っても、連載前だったけどさ。


■ブロッケン・ブラッド(少年画報社/著:塩野 干支郎次)
何も言わずに、まずはwikipediaの説明を抜粋しよう。

【wikipediaより】
主人公のドイツ系三世の少年が魔女っ子ヒロインに変身し
悪の錬金術師と戦う、錬金"女装"魔女っ子バトルコメディ。

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
つまりあれだ。スゲー色物漫画だ。

もともとは、読みきりだったこともあり、
一話完結で、1巻1シーズンでうまくまとめているのもすごいが
なにより、そのギャグセンスが異常。

とにかく、コネタに次ぐコネタを入れてきて
最後は、どんでん返しで終わらせて、ズコーっとなる
ギャグマシンガン漫画なのだが、巻数が進むにつれて、
悪ふざけが過ぎる。そして、面白い。

最新5巻は特にひどい。腹がよじれて死ぬかと思った。

1巻でも十分面白いのだが、5巻見たあとだと、
全然おとなしい。

てか、時代劇ドラマをあんな風にしてしまう
センスがどこから出るのか知りたい。

水戸黄門の付き人が、スケサンダーとカクサンダーに変身して、
最後のとどめが副将軍アタックまででもひどいのに
まさか、その後アイツが、・・・おっと、この後は
買ってお読みください。ちなみに、ウソではありません。

ちなみに、同作者先生は、ヤングガンガンにて、
本格派ダークファンタジーも連載しているのだが、
こっちに比べると、いまいち。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

てか!ブロッケン・ブラッド
どまらしーでー化かよ!主人公は釘宮かよ!!

・・・・ちょっと買おうかな・・・。

  • 2010/06/02(水) 03:02:11 |
  • URL |
  • 智習 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satoshu.blog45.fc2.com/tb.php/387-40f0c14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

智習(さとしゅう)

Author:智習(さとしゅう)
漫画家目指して、日進月歩。
日々の活動を書いてます。

ブログから来た方は、ぜひ、
ホームページ本体も見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。