智習のつぶやき部屋

目指せ漫画家!日々の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ヱヴァンゲリオン「破」を見てきました。【ネタバレ垂れ流し偏】

この感想はネタバレを含みます。
読むときは、それを了承の上、ご覧ください。

まあ、感情的な部分は【ネタバレなし偏】で記載したので、
中身の話を少々。

個人的に、最強の使徒ゼルエル偏の演出は、
「みんなの綾波をあんなことしてごめん!」って
侘びの意味があるような気がした。

オレだけ?

綾波レイが飲み込まれた後のゼルエルと、
Airの巨大綾波レイが被ったんですが・・
んで、そこから救い出されるわけじゃないですか。
あの演出で。

うーーーん、気のせいかなぁ。

綾波の演出は、アスカファンとしてはうらやましい限り。
だけど、互いにシンジを意識して、指を怪我するアタリは、
萌えるね。

ゲーム版みたい。

だから、気になるのは、「育成計画」を嫌うタイプの
レイ厨の人って、アノ変わりようを認めることができるのかな?
個人的には楽しかったけど。

ゲンドウをシンジとの食事に誘う時の、セリフ回しって
まんま育成計画ではないか?とも思ったり。

なんにしても、「私が死んでも替わりはいるもの」のセリフを
否定したのはよかった。(コミックス版もそうなの?)
すごいよかった。

ただ、童謡はヤバイ。絶対、小さい子トラウマる。

あと、やっぱり、「まごころを君に」の後世界だよね?
セカンドインパクトの描写って、巨大綾波レイか、
皆を補完していく綾波に見えたよ。

カヲルくんの最後のセリフもやっぱそうだよね。

とすると、マリの存在だけがどうしても分からない。
神がかり的なバランス感覚で、違和感自体は無いけど、
今作では、「絶対必要なキャラ」ではない。

・・・正直、無駄キャラをもってくるとも思えない。

自分としては、「まごころを君に」後の、アスカとシンジの子供
という説が面白いと思う。そうすると、その辺のつじつまは
一応あうんだよねぇ。
(調べてはないけど、同じ答えに行き着いている人もいるのでは?)


最後に、個人的に気になったことは、次回予告の、眼帯アスカ。

まあ、3号機暴走の際、TV版では足が片方、コミックス版では
死んじゃったトウジのことがあるので、
ああ、その程度の怪我ですんだのね?
という感覚があったのだが。

今思うと・・・・アレって、「Air」の時と同じ方だよね?目・
(うろ覚え、違ってたらすんません。)

・・・・まさか、次回予告に出てたアスカは、「惣流」なのか?
はたまた、ただのオマージュなのか?

まあ、前者だとしたら、早速自分が出した説が壊れるので、
ただのオマージュだとは思うんですが。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

あー、でもパンフみると、マリ娘説はないなぁ。残念。

  • 2009/07/12(日) 23:08:36 |
  • URL |
  • さとしゅう #-
  • [編集]

マリしゃんはアスカがアレな分、外の世界へ引っ張り出す、
かき回す役目のみの存在かなーと思っていますが、
あの他人の目の気にしなさはシンちゃんが惚れちゃっても良いかもしれない。

メガネが赤いのでエヴァトラセブン(7号機)とも噂されてますね。

  • 2009/07/14(火) 21:37:02 |
  • URL |
  • はにわ #p3fBfPmw
  • [編集]

>エヴァトラセブン
ありえますね!てか、考え及ばなかったw

そういう部分では、全力で悪ふざけしてますからね、スタジオカラーは・・・。

マリは、いいキャラだと思いますよ。ホント。
イイキャラすぎて、アスカが・・・。

  • 2009/07/15(水) 11:43:36 |
  • URL |
  • さとしゅう #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satoshu.blog45.fc2.com/tb.php/228-6806bb2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

智習(さとしゅう)

Author:智習(さとしゅう)
漫画家目指して、日進月歩。
日々の活動を書いてます。

ブログから来た方は、ぜひ、
ホームページ本体も見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。