智習のつぶやき部屋

目指せ漫画家!日々の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

この本がゴイス!

最近出会った本で、中々感動した作品を二点紹介しまーす。

感動といっても、涙を誘う作品というわけではなく、
「おお、こんな作品を作るのか!」と刺激を受けた作品です。

◇「神様のパズル」(著:機本信司)[小説]

オチコボレながらも、理系大学を卒業していたオイラとしては、
まず主人公に共感できる。卒論やゼミのキツさは経験した人間しか分からん。

さて、あらすじとしては、オチコボレの主人公が、天才少女と出会い、
物理学の視点で「宇宙」とは何かを探し求め、
「自分」とは何かを見つけていくというお話。

大学生の誰しもが感じる、将来への不安や、現在への焦りも共感できる。

さらに、散々授業で習った、電磁気学や物理学の話も出てきて、
「あーあった、あった」というアルアル部分や、
「え?あれってそういうことだったんだ」という、発見もあって面白い。

全く習ったことがないことでも、物理をかじったことがある人間なら、
なんとなくわかるくらい、丁寧に書かれてる。


ただこれ、オイラみたいな理系大学に行ってた人間にとっては面白いけど、
完全文系な人間にはどうなんだろ?

読んで思ったのは、人間は誰しも、自分とは何かを考え、
自分なりの宇宙を作ろうとするのではないか?

物理学者は物理理論の中に、宗教家は思想の中に
漫画家は漫画の中に、自分の作りうる宇宙を作るのではないか?

なんてな・・・。

理系大学経験者にはお勧め。


◇「ナナとカオル」(著:甘詰留太)[漫画]

雑誌で、途中の話を読んだときは、「あー、ちっとおもしろそうだなぁ」と
思っていたので、単行本を買ってみた。

感想。

スゲー

スゲー馬鹿だ。

甘詰先生、あんた最高だ。最高だよ。

こういう作品を読んでいると、まだまだ、自分の作品は、
自分を出し切れていないと思うね。

というか、こんなことを恥ずかしげもなく、大真面目にできるのは
天才だよ、ホント。

とにかく、男・・・いや漢のエロスをぐっつぐつに煮詰めた漫画。
童貞のみんな!よっといで!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://satoshu.blog45.fc2.com/tb.php/193-96b4b046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

智習(さとしゅう)

Author:智習(さとしゅう)
漫画家目指して、日進月歩。
日々の活動を書いてます。

ブログから来た方は、ぜひ、
ホームページ本体も見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。