智習のつぶやき部屋

目指せ漫画家!日々の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

死亡フラッグス!!

どうでしょう?僕が考えた新競技。

ビーチフラッグスよろしく、全員が全員死亡フラグ全開でダッシュ。

死んだら負け。



・・・何がいいたいかというと。

アシスタントが、今週土日に入りまスタ・・・。


10%OFFは、100%ムリが決定。

それに、話を聞いていると、作業が遅れている上に、
いつも来ているアシスタントさんがこれないんだって。

・・・コレ、2週連続も土日無しも在り得るのか・・・


マジで、一気に絶望的なスケジュールです。

オフセはムリなのか!?ただの儚い夢なのか!?

現在、平日の睡眠時間を、寝入り1時間遅め、朝置きを1時間早め
削るしかなかとでしょう。

・・・・てか、本ができるのか・・・・。
スポンサーサイト
このページのトップへ

原稿の目途と、今日のディケイド

■仮面ライダーディケイド
まず、先週やたらハシャイだ「仮面ライダーディケイド」の話。

【感想】
一言で言うと「ジュン、ジュワァ~!!(Byネプのホリケン)」

いやぁ、途中までは、懐かしい以外は普通だったけど、
最後は「そう来たか」と思ったわ。

これは、来週までwktkが止まらねぇ!!!!

てか、てつをさんまだキレあるな。
来週のWてつをが待ち遠しいよ。

■コミティア原稿
とりあえず、調べたら、8/7までに印刷所に持ち込めば、
10%オフになり、デットラインは8/14らしい。

現在、下書きが完了。ペン入れには入ったので、
ペース的には、いつもより速い。

会社の仕事をやりながら何処まで進めるかと、
アシスタントが入るタイミングがかなり肝。

うーーん、昔のアシ仲間に誘われた花火大会は
厳しいかもなぁ。
このページのトップへ

資料としてどぅえすよぅ

「3Dカスタム少女」なるゲームを購入しました。

このゲーム、キャラクターの衣装を変えるだけではなく、胸の大きさや、腕足の
太さだけではなく、頭身も変えられる優れもの。

しかも、追加アップデータを購入すると、ポーズエディタも使えると聞いて

アクマデ資料トシテ購入シタノデス!!

しかし、キャラクタエディタはヤバイわぁ。
「ととモノ。2」の時もそうだけど、キャラクタエディタだけで、何時間も遊べるわ。

特に、マンガとかアニメとかのキャラに似せるのがスゲー好き。

ソコで、キャラクタークイズ!!
僕が、作成したキャラは、なんのアニメを元に作成しているでしょうか!!?
(注:別に回答は求めていませんし、正解しても何もでません。)

まずは1枚目
E814A525.jpg

なんで、制服の上に鎧って、カッコいいんだろうなぁ。
オイラは、この手の大好きです!


んで2枚目
E814CACC.jpg

スカートなのがなぁ。
なんで、もっとプラグスーツっぽいのないんだよ・・。
このページのトップへ

ムーン、ムーン、ムーーーン

録画しておいた、今朝の仮面ライダーディケイドを
先ほど見終えたので、全然新鮮なネタじゃないのですが…

シンケンジャーの世界が終わり、次回予告。

一瞬「誰?このおっさん?」と思ったけど。
・・・まさかの倉田てつお復活!!


そう、仮面ライダーBlackRXの世界!!
劇中の世界が変わることを記す絵巻を見て、ピンとはきてた
「ゴルゴムの仕業」だと。

うわぁ、コレ劇場版に続くってオチくせぇ!!!
じゃなきゃ、ムリでしょ?
だって、たしか、RXの最終回も歴代ライダー登場だもの。

とりあえず、wktkしながら見るしかねぇな。来週。


さて、そこで気になるのが、僕らの世代の少年達の心を
つかんで離さなかった、最強のライバルライダー
「シャドームーン」の動向。

先日、うっかり見てしまった特撮雑誌「宇宙船」。

劇場版のことが書いていたのだが、ネタバレなんてものではなく、
ラストシーンまでの流れが、記載されたそれ
(しかもクウガのあれとかも、完全にネタバレだろ!!??)
には、悪役として大活躍するシャドームーンのことが
記載されていた。

うーーん、テレビ放送には出てくれるのか?
出てくれるのか?次回予告にはいなかったけど、大抵今まで、
一世界を2話構成で消化してるから、再来週なのか?

これも、wktkです。

若い世代は分からないと思うけど、当時の少年達には
毎回クールに登場する「シャドームーン」のカッコよさに
主役のブラックより、断然人気があったんですよ。

小学生は皆、靴のかかと部分で、空き缶を「グシャッ」ってして、
それをつけたまま、「カシャン、カシャン」って歩く
シャドームーンウォーク(ゴメン、今命名)で歩いたものです。
(アシ先の先生に聞くと、ウチの地域だけ?のような感じですが)


うはー、楽しみ。

正直、映画でも、あの「カシャン、カシャン」が見られますように。
てことで、奇しくもカブト劇場版以来の、ライダー視聴→
細田監督作品視聴の流れが、どこかで生まれそうです。
(カブトの時は、「ときかけ」今年は「サマーウォーズ」)
このページのトップへ

キタキタキタぁ

今度は、何年待たされるかと思ったけど
半年くらいなら、むしろ早いっす、田中先生!
1226118233_112.jpg

とりあえず、2冊ずつ、計4冊購入してます。
送料込みで5000円だったと記憶。

ちなみに、紅琥珀の箱には、遅れたことに対する詫び状が入っていたけど、
碧瑠璃の箱には入ってなかった。両方買ったから?
注文先が違うからか?

別にいいけどさ!
このページのトップへ

ヱヴァンゲリオン「破」を見てきました。【ネタバレ垂れ流し偏】

この感想はネタバレを含みます。
読むときは、それを了承の上、ご覧ください。 【“ヱヴァンゲリオン「破」を見てきました。【ネタバレ垂れ流し偏】”の続きを読む】
このページのトップへ

ヱヴァンゲリオン「破」を見てきました。【ネタバレなし偏】

ということで、見ました。
しかも、連続2回。2回目はメモ取りながらみた。

てか、思春期をTV版EVAでガッチリやられた
自分としては、そうでもしないと、消化しきれなかった。

【感想】
1回目を見た段階で感じたことは、とにかく
「やられた」の一言。

思春期にTV版→劇場版「Air/まごころを君に」を見た際の
ショック。
そのショックから、自分の中で決着を付け、立ち直るために、
噛み砕き、消化し、構築し、理解したエヴァンゲリオン。

そして、大人になった今。すでに卒業したつもりになり、
ウガッた見方しかできなくなってた、エヴァンゲリオン。

そのすべてを、まさしく「破」壊さられたという感覚が
今にして思うと、おそらく、近い。

「ああ、エヴァってやっぱ面白い」そして、
「オレはまだ卒業できていないのでは?」と正直思った。


終わった後も、ボーゼンとし、ふと気がつくと色々考えてた。
しかし、記憶があいまいな点も多く、考えがまとまらない。

どうしようか悩んだが、結局2回目を見ることに。

2回見て、ようやく落ち着きました。

フー。


今回の作品は、上記のように、過去のエヴァンゲリオンの
価値観を、エヴァンゲリオンの世界を損なわない範囲で
最大限にぶっ壊した作品です。

それでいて、大まかな流れを変えず、「「まごころを君に」の
後の世界ではないのか?」という伏線を張り、ちゃんとトラウマに
残るような演出もある。

スゲー、庵野監督!やっぱスゲーよ。

てか、もっと前にちゃんとしてよ!

マリはよかったね。てか、強いね。
新キャラ登場は、正直不安だったけど、神がかり的なバランスで、
キッチリ仕事して、印象も濃かった。

おかげで、アスカファンとしては、アスカの活躍どころが
少ないのが残念。
まあ、「あの事件」をアスカに持ってきたおかげで、
マリに食われた分もインパクトには残ったけどさ。

その辺は、次回に期待を持つしかないかぁ。

あと、思ったのは、この人「ウルトラマン」が
作りたかったんだなぁってこと。

ウルトラマン(ジャック?)の効果音がところどころに
盛り込まれているところとか、ちらちら演出で見え隠れした
エヴァのポーズとアングルとか、そう感じずにはいられなかった。
このページのトップへ

後輩が就職決まって、酒が飲めるぞぉ

といっても、飲み会とかではなく、
単に、個人的に缶チューハイを飲んでるだけです。

酒が飲める、飲めるぞぉ、酒がのめるぞ♪

アシ帰り、偶然、Rice Filed Dike駅で後輩I君とバッタリ。
内定説明会との話を聞いて、それはめでたいと軽く挨拶。
残念ながら、二人の方向の方向が逆のため、
そのままお別れとなり、まあ、個人的に酒を飲んどるわけです。

さて、この出会いがどのくらいの偶然かというと。

1)まず、僕がアシスタントの日だった。

2)普段は、超腐→Long Mountain駅を利用しているところ、
  運動不足解消のため、自転車で、Rice Filed Dike駅へ。

3)実は一回乗り過ごし、Long Mountain→タマリバー→
  Rice Filed Dike駅から駐輪場に向かっていた。

うーん、スバラシイ偶然。

向こうがお辞儀しなかったら、全然気がつかなかったこと
とか置いといて、まあ、とりあえず乾杯。

ちなみに、せっかく自転車を飛ばしたのに、
腹がへって、ポテチを食べて相殺されたことも秘密だ!
このページのトップへ

ケツが痛いので病院いってきた。

経過報告
診断結果は「血栓性害痔核」

簡単に言うと、肛門に血豆ができている状態で、
主に、ウ○コの時にキバリすぎると、起こるそうです。

軟膏を処方していただきましたが、どうやら、時間はかかる模様。
情況によっては、手術もあるそうな。

うーーーん、辛いなぁ。アシスタントもあるのに

ちなみに、こういう症状なので、便が硬いことが、
致命的になるとのこと。そのときの会話。

先生「最近は便が柔らかいらしいから、特別お薬はだしませんね」
オレ「自分は、体調などによって、日ごとにウ○コが硬くなることが
   あるのですが・・・どうしたらいいですか?」
先生「硬くしないでください」

オレ「はぁ?(@д@?)」

・・・・沈黙・・・・

オレ「あの・・それは、どうやって・・?」
先生「・・・、お薬だしときましょう。」


全体的に、人当たりがいい先生だったのですが、
どこか抜けてる・・・。
大丈夫かなぁ・・・。
このページのトップへ

病院にいってきます。

ちと、これから病院にいってきます。

と、いってもインフルや夏風邪とかの
体調不良ではないです。

肛門がスゲェ痛いの。


月曜日の夜から急に痛くなって、イタイイタイと思いながら
過ごしていたのですが、お風呂に入っているときに、
痛いトコロを触ってみると・・・・


何か「いる」!?

おそらく、腫れているのだとは思いますが、
「ある」という表現より、「いる」という表現を
使いたくなるほど、異常な感覚でした。

もう、座ってても、立ってても痛いんですね。

しばらく様子を見ようかな?とも思ったけど、
会社で、うんうん唸りながら、仕事してるし、
コミティアの原稿が全く手につかない。

勇気を出して、正直に話し、午前半休をいただきました。

大した病気じゃありませんように。
んで、早くよくなりますように。
このページのトップへ

必殺仕事人2009のDVDを購入しました。

前期のドラマで見ていて、すごくおもしろかったので、
思わず衝動買い。下巻は、9月発売とのことなので、
新春スペシャルと上巻を購入。

原稿しながらら消化中。

残念ながら、このキャストでのスタートが「必殺仕事人2007TVスペシャル」
といことで、キャラクタの参加理由とか、関係とかをかなり、
なんとなく見るしかない。

まあ、wikiで結構学習したけど、アレだったら、2007も買うかなぁ・・。

【感想】
ヤバイ!やはりいい。

新春スペシャルは、ちょっと厳しい内容で、
物語がグダグダしてるところがあったが、
TVシリーズになると、かなりいいね。

特に、話数が経過すると、脚本家が悪乗りし始めて
徐々に、ストーリーがキレてきていい。

あーー、コイツが頼み人になるなぁ、ってのは分かるが、
頼み人になるまでの経緯も、キレすぎてて、
見るに耐えないことも。

さらに、かなり現代の風刺を入れており、
レイプ、エロ規制、ニート、モンスターペアレンツ、集団暴行など、
昔ながらの時代劇からは、かなり逸脱している部分も新鮮でいいです。

興味があったら、レンタルとかで見てみるといい。

個人的オススメは「怪物親」の回。


このページのトップへ

あー、やっぱりね

何とは言いませんが、
アノ方のセンスは、僕には合ねっすね・・。
好きな作品が元だと、なおのことですね。

てか、声優がイメージと違うともうキツイっすね。


何おいても、羽川がぁぁ!!雑じゃありゃしませんかぁ!
メインストーリーじゃないにしてもさぁ・・・。

絶望したぁ!
このページのトップへ

おひつにご飯が足んないよ!

何の話かというと、小説読んだ感想です。

「図書館戦争」で有名な有川浩先生の作品を、
結構集めてまして、通勤中の読書時間にモソモソ消化してました。

たしか、「三匹のおっさん」「レインツリーの国」「ラブコメ今昔」
は感想書いたけど、
「阪急電車」とか、「くじらの波」も追加で消化していたのですが、
比較的、昔の作品の「海の底」をいよいよ手に入れたので、
読み終えました。




感想

望!萌え!萌え!

内容としては、祭りで賑わう街中に、突如巨大ザリガニが大量襲来
という、とんでも話。

といっても、ゴジラとかよりは、ウルトラQをイメージする感じの
空想科学シリーズです。

ただし、有川先生特有の、自衛隊および警察の組織描写、
前線と閣僚の温度差は、内閣の無能ッぷりは、特に、
会社員として働いている今だからこそ、リアルを感じます。

そして、潜水艦に閉じ込められた少年少女達の人間関係が
複雑にどろどろしていることが徐々に明らかになり、
自分の心のトラウマを刺激されるシーンもかなりありました。
(特に、圭介の行動や思考ですね)

そして、なんと言っても、ヒロインであり、唯一の女性キャラ、
森尾望がすごくいい。

というか、ズルイというか、もう、有川先生の特徴
なんだけど、自衛隊などの軍隊という、男性色が強いところに、
強烈に女性色を入れるんですよね。

なんてか、「図書館戦争」がむしろセーブされた作品に
見えたわ。

まさか、閉じ込められた空間で、月経の描写をするとは、
女性が聞くと、気分が悪いかもしれないけど、
男性は、あれだけで、凄惨さが上がります。

だって、想像しかできないもん。

想像しかできないってことは、制限がないってことだもんね。
しかも、正直うまいわ、煽り方も。スゴイ。

色々話すと、完全なネタバレになるのでコレ以上は言いませんが、
最後のオチをああするとはね!

引っ張りに引っ張って、コレですか。
最近の作品ばかり読んでる人間にとっては、有川先生らしいと
いえるでしょう。

もうね、ご飯が何杯でもかっ込めるね。

おひつがカラになるほどに。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

智習(さとしゅう)

Author:智習(さとしゅう)
漫画家目指して、日進月歩。
日々の活動を書いてます。

ブログから来た方は、ぜひ、
ホームページ本体も見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。