智習のつぶやき部屋

目指せ漫画家!日々の活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

日曜日に劇場版あの花観てきた

映画の安い一日ということで、ネットで見たら、行こうと思ってた映画館が
夜まで全席埋まってて、ファンが多い作品だなぁと思った。

運良く、リロードしたタイミングで×(満席)が△(残2席)になって、
ネット予約が出来たので、突撃していきました。

さて、観た感想ですが、個人的には
「テレビシリーズが好きだった人へのボーナスステージ」
的映画でした。なので、よかったです。

内容は、テレビ本編から一年後、それぞれが一年前の事件を振り返りつつ、
天国のめんまに手紙を書くという内容で、テレビ本編の映像を使いつつ
新作カットメインで進んでいきます。

このキャラはこの時こう思っていたのだとか、
実はこのアイテムはこういうことだったんだとか、
そういうテレビ本編を見てるだけでは気づかない情報が
モリモリ出てきます。

おまけに、全体をとおして、静かなので、ポップコーンを食うてる場合じゃ
なくなります。せっかくコンボセットがあるのですが、映画本編では
残している人を結構みました。

ちなみに、一番注目したのはこの人!
20130901.jpg
じんたんとつるこ以外は、ほぼ見た目的に変化はないのですが、ショートにした
つるこは、びっくりするほど可愛かったです。
しかも、最終回のある一件で、精神てきにすっきりしたつるこは、すっかり
大人っぽく成長しており、落ち着いた雰囲気で、おねえさんになってました。
しかも、時折見せる崩れる表情も、ギャップがあってめちゃくちゃ可愛いです。

出番は、他のキャラに比べて少なく感じましたが、ぜひ、注目してみてみてください。
スポンサーサイト

テーマ:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ

大の大人が、バカばっかwwww

コミティアで何やるか悩んだままなので、
そういうシコリをぶっ壊すために、観に行ったのですが、
想像以上に、変態でした。面白すぎて二回見たわ。

変態仮面の最限度高ぇ上に、スパイダーマンをかなり意識して
アレンジされてて、まじめにシーンを再現しつつ、アホやっててすごかった。

もう、上映会場から、どっかんどっかん笑いが出てた。

ニセ変態仮面との対決のくだりなんか、もう、ひどいwww。
大の大人が、本気でアホやってて、腹よじれた。
てか、この脚本書いたやつ、演じきった人、この構図考えたやつ、
神がかってるわ。


監督は、勇者ヨシヒコの福田監督とあって、やはり、笑いどころを
よくつかんでる。
てか、メレブ役だったムロツヨシさんや、仏役だった佐藤二郎さんの
使い方うまいです。いや、この二人がすごいのか。


ヒロインのアイコちゃんは、仮面ライダーフォーゼのユウキ役の清水さんも
あのころの可愛さのままで、いい感じでした。
あー、この娘もう一回みれてよかった。やっぱ可愛いですわ。

そして、何より、主演の鈴木さんがよかったですね、変態仮面の時の声と、
変身前の情けない感じの声が、きちんと演技分けられてて、マッチしてる。


しかし、驚いたのは、見た感じ、お笑い芸人を使わず、俳優だけで
コレだけ笑いをとっているということ。これが、俳優の本気のアホかと、
すごい関心した。すごい、とにかく、すごい。


いやー、笑って笑って、二回みてもちゃんと笑えた。


何か描けそうな気がしてきた。アホやりたいぜ。
このページのトップへ

シュガーラッシュは面白かった。

☆☆☆☆☆
この系統の3Dディズニーアニメは、あまりにも子供向けな感じが苦手で、
トイストーリーの2までくらいしか観てませんが、これは、
レトロゲームネタが多いという点と、ラルフの設定が気になったので観に行きました。

てか、自分のゲームの世界で、嫌われものという、
ラルフとヴァネロペの設定は、聞いただけで泣いちゃう歳です。

主人公は、30年も「フィックス・イット・フェリックス」で悪役を務めてきたラルフ。
ゲームの主人公や脇役たちが、暖かいアパートで暮らしている中、
ゴミダメの住処に暮らし、あろうことか、30年の記念パーティが
彼なしで行われている。

そこに乱入し一騒動起こしてしまったラルフは、
ヒーローしかもらえないメダルを手に入れることで、
みんなに認められようとし、他のゲームの世界に行ってしまいます。


ヒロインのヴァネロペは、シュガーラッシュというレースゲームの世界で、
レーサーになろうとしますが、なぜか不具合を持っており、
みんなからのけ者にされています。

この設定を聞いただけでね、なんか泣いちゃう。

特筆してみて欲しいのは、この二人、特にヴァネロペの表情です。
コロコロ変わる表情は、必見です。
吹き替え版の声は、子役がやっているみたいなんですが、これもいい。
動きも、滑らか。正直、ここまで来てたのかと思いました。

複数のゲームの世界を、行き来できるという設定も、斬新でありながら、
しっかりと生かされていて、うまく、いくつかのゲームの世界観を取り込んで
まとめており、レースだけでなく、バトルあり、見所はたくさんありました。

もう少し、ラブ方向に行くのかなぁと思いましたが、そこは、
少女とおっさんの歳の差友情ものとして、しっかりまとまっています。

てか、ラブ担当は別にいて笑った。なるほどなぁあと。

シナリオもしっかりしていて、特に、ラスボスへの伏線、どんでん返しは
びっくりしました。てか、全然虚をつかれて、純粋に感動した。

友情あり、スピード感あり、バトリあり、ラブあり、ギャグあり、涙あり、
どんでん返しありと、ココ最近観た映画の中でもトップに入る感じです。

てか、時間があったらヴァネロペ描きたいなぁ。
このページのトップへ

とりあえず、アニメ映画三本観たったぞい

実は先月は、ダイ・ハードやライフオブパイを観てたりもするんですが、
感想書いてなかった。

まあ、片方は悪口が多くなるので
両方やめておきます。(どっちかはひみつ♪)

んで、現在公開中の、
ドラゴンボール・ドラえもん・シュガーラッシュの
アニメ三作品を見てきました。

【感想】
■ドラえもんのび太のひみつ道具博物館☆☆☆★★

水田ドラえもんの劇場シリーズは、恐竜と鉄人しかちゃんと見てなかったので、
考えてみると、リメイクじゃない劇場ドラを観るのは初めてでした。

とりあえず、過去見たニ作品に比べると、ちゃんと面白かったです。
ただ、大人になってしまったので、ツッコミどころも多かった、そこが自分に残念かな?
(博物館の安全面に疑問が残るとか、あのミスリードは必要だったのかとか
 このエピソードは捻じ込み感が大きくて全然感動できないとか)
いや、多分、子供のころからねじれてたから、同じこと思ったかもなぁ。

ただ、ドラ映画にしては珍しく、勧善懲悪ではない点が、いままでにないなぁと思いました。

だいたい、恐竜ハンターだったり、ロボット軍団だったり、ガルタイトだったり、
悪役がラスボスなのが常なドラ映画(例外は竜の騎士くらいか?)としては、
ホンワカしたかんじですね。敵という概念がない。

個人的には、ゴンスケが見れたのが超よかったです。
あと、ジンジャーって女の子が、堀江由衣で、ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!

■ドラゴンボールZ 神と神☆☆☆★★
実は、「Z」の劇場版であり、「改」ではないので、改以前にジャンプのアニメツアーに
出てきたある小ネタが入ってたりします。ん?出てないよね、改にベジータの○って。

さて、おいといて。

色々ツッコミどころも多かったですし、なんとなく読める展開になってしまっていました。
特に、スーパーサイヤ人ゴッドはいかがだったんだろなぁ?

ただ、想像していたより、破壊神ビルスとその付き人のキャラが、面白かったので、
退屈はせずに観れました。やっぱ悟空が動くと、おっさんはうれしいのさ。

個人的には、好きでしたが、過去のドラゴンボールZ劇場映画を観てきた人には
肩透かしかもしれません。バトルは少なめ…あと、あのオチは賛否あると思う。

ただ、確かにこれがドラゴンボールで、これこそが悟空をとりまく環境なんだよなぁと思う。
そんな映画でした。




シュガーラッシュは別枠で。
このページのトップへ

リフレッシュ休日でのぼうの城観てきた。

昨日まで仕事だった反動もあり、今日は、一日遊んでやりました。

ひとカラ行って、ラーメン食って、温泉入って、昼寝して、サウナ入って、
ビール飲んで、ピザ食って映画。

全部が堪能できる、多摩センターばんざい!
京王線沿線に住んでる人間にとっては、
結構穴場スポットじゃないでしょうか?

しかもこれだけやって、諭吉さんから数人英世が帰ってくるとは。

んで、最後の締めに観たのが映画「のぼうの城」でした。

これが、ダメな映画だったら今日一日が丸つぶれだった
可能性もあったのですが、結論からいうと、
オイラは好きな感じの、いい映画でした。

視聴前に、批判的な意見のレビューを観てしまって、警戒していたのですが、
そのレビューアーの方がおっしゃていた通り、シナリオの起伏は、
実は弱い気がしました。

ちゃんとした戦闘シーンも、実は、開幕戦以外はなく、即、
CMでおなじみの水攻めになるため、結構淡々と進んでいく感じです。

しかし、それを圧倒的な絵力と、個性あふれるキャラクターで
カバーしているのが、個人的にはすごくよかったです。

壬生義士伝の斎藤役で好きだった、佐藤浩市さんの丹波も味があってよかったですし、
お笑いを忘れたぐっさんの熱演、勇者ヨシヒコで知った山田孝之さん、
はては、農民の人々まで、キャラクターがよかったのですが、

なんといっても、主人公、のぼうこと成田長親役の野村萬斎のはまりっぷりでしょう。
※原作を読んだことがないので、映画のみの感想ですが・・・

とにかく、表情がいい。声がいい。演技がコミカル。

映画を観終わったあとでも、頭から離れない、いいキャラです。

長い映画でしたが、時間を忘れ、尿意を忘れ観ることができた、
いい映画でした。はぁ、今日は幸せいっぱいどぁ。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

智習(さとしゅう)

Author:智習(さとしゅう)
漫画家目指して、日進月歩。
日々の活動を書いてます。

ブログから来た方は、ぜひ、
ホームページ本体も見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。